読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活き活きを予約なしで買うならココっ | こんにゃく

店長ママゴンさんは、とっても誠意ある人でした。食材の安全度を気にされてる方のために詳細をあげておきますが、水も良いので安全と見て大丈夫でしょう。こういった情報は!店側が商品頁にあげてくれれば!安心して買えるし問い合わせ要らずに済んで楽なんですけどね。

いまオススメの商品!

2017年01月27日 ランキング上位商品↑

こんにゃく 活き活き板こんにゃく2個入 大分県産 活き活きこんにゃく【海外発送対応】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

味も安全度も安定感のあるこんにゃくでした。それだけで!家族のテンションあがったくらい。 製造元は、蒟蒻の放射能汚染の危険性について ・蒟蒻芋の外皮は厚くむき、中の部分だけを使用・蒟蒻の主成分は水で約95%。最初にこんにゃく粉の産地について聞けば良かった…。 以上により、このこんにゃくは安全な食品だと思って大丈夫なようです。 扱っているこんにゃく製品すべての検査結果は検出下限値5ベクレルの機械で「検出せず」でした。問い合わせをすれば即座に答えて下る良いお店です。コンニャク粉は本場群馬県産だけあって美味しいですよね。 店の商品頁に記載がなかったために、★二つくら減らしたいところですが、ここは純粋に商品だけを評価して点数つけました。 味や扱いやすさ!単価によるコストパフォーマンスのバランスを考えれば満点でしょうか。 生芋だけで蒟蒻を作る技術がなく!群馬産の製粉を混ぜなければ固まらないからとのこと。お店からの連絡を受けて、その後の追記。商品説明やレビューを見て4年間購入してましたが!ふと気になって問い合わせをしたところ!こんにゃく粉は群馬県産だそうです。お餅、ほんとにめちゃくちゃ美味しかったです。 但し!この検査をしたのは24年10月だけらしいので!その後も年に一度でもいいので定期検査を続けてほしいものです。 九州産の蒟蒻芋を使っているメーカーは生産量が極々わずかで商品として安定提供不可能。。こちらのお店は、お尋ねすればきちんと答えてくださるお店ですから。・水は日田天領水を同じ水源をひき、アルカリイオン水に生成して使用 検査機関の専門家は ・蒟蒻いもは放射性セシウムを吸収するかを示す指標を「移行係数」が低いこと ・こんにゃく粉にはセシウムはほとんど入らないこと ・こんにゃくの主成分は水であり、こんにゃく粉を水で約50倍に薄めてつくること。ありがとうございました。「国産」とある表示は関東!東北産と思うべきなのでしょうか。産地にこだわりがある方は!九州産との表示があっても!他の原材料について確認した方が良いですね。コンニャク粉が!コンニャクの何パーセントをしめているかを考えると!九州産ではない事は表示してほしいですけどね。その他の野菜や海苔もよかったです。